フローリング補修の前にキズをつけない工夫

おすすめトピック

フローリング補修について

キズをつけない工夫

フローリング補修が必要になってしまう前に、キズをつけない工夫をすれば補修する必要がありません。また、補修して綺麗になったフローリングをいつまでも綺麗に保つ為にもキズをつけない工夫をしましょう。

一般的によく行われているのは、フローリングの上に直接家具を置く場合にパンチカーペットを下に敷く方法。フェルト状のカーペットで、加重の分散・吸収力が良く、自由にカット出来るので、とても利用しやすい優れものです。また、カットした部分がほつれてこないので、自分でカット出来るのも魅力。価格も安いので気軽に利用できます。しかし、パンチカーペットを家具の下に敷くのは目立つ箇所だと、あまり恰好の良いものではありません。ソファや椅子など足があるものに関しては、椅子の靴下の様なカバーも市販されています。床や椅子と同系色のものを購入すればそれほど目立ちませんし、可愛い柄のものを購入してオシャレするのも楽しいです。

フローリング補修の前に出来る事。フローリングと家具の間に布素材を挟む事で、木材は守る事が出来ます。
(2015年7月2日)
お近くのリペアショップを検索